快気祝い 食事会 手土産 マナー

手土産、快気祝いや食事会のマナーについて

スポンサーリンク

 

快気祝いや手土産をする際や、食事会を行うなどの場合には、ある程度のマナーがあります。
まずは快気祝いについてです。

 

快気祝いは病気をした際に、病院にお見舞いに来てもらった人への元気になった報告もかねてお礼をします。
快気祝いの時期は退院をしてから10日から1か月程度になります。

 

快気祝いを早くしすぎると、体の調子が戻らずに再入院をすることもありますので、しっかりと治ってからお礼をするのが望ましいです。
そして快気祝いはできる限り、本人に会ってお渡しをするといいです。

 

入院をした際や友人や知人の家に訪問をする際には、手土産をもっていくことがあります。
その際には、マナーとして場所やその関係にあったものを選ぶといいです。

 

食べ物がいいですが、趣味や嗜好がありますので、もし好きなものがわかればそれに合うものを選ぶといいです。
手土産はマナーとして家族構成や人数などもありますので個包装になっているものや日持ちするお菓子を選ぶといいです。

 

予算は1500円から3000円ぐらいで、手土産をもっていく際には、訪問前に購入もいいですが、待ち合わせの時間に遅れないように事前に用意をしておくと慌てなくてすみます。

 

マナーはすぐにできるものではないので、できれば事前に勉強をしておくといいです。

 

スポンサーリンク

 

手土産を渡す際には、タイミングも大事です。
相手の家に行ってから挨拶をしたら、早めに渡すといいです。

 

忘れてしまい冷蔵ものの手土産の場合は品物の状態を悪くしてしまします。
そして渡すマナーとして一言自分の気持ちを伝えて紙袋から出して手土産を渡すと好印象になります。

 

次に、食事会のマナーについてです。
会社の食事会や友人などが集まる気軽な食事会など様々です。

 

ほかにも結婚をする際の両家の両親を囲んでの食事会もありますので、その時に応じて対応を変えてみるといいです。
会社の食事会であれば、上司や部下などの立場を考えて行動をする必要があります。

 

雰囲気が落ち着ける場所や料理なども考慮して場所選びが必要です。
また食事会ではコース料理は一番利用がしやすいので、アルコール飲み放題があると、いろいろな人がいても自由に選ぶことができます。

 

家族や友人などであれば、それぞれの好きな料理のあるレストランやはやりのお店などに行ってみるのもいいです。
快気祝いや手土産や食事会は、それぞれの関係をよくするものですので、マナーに気をつけることで、さらに友好な関係になります。

 

スポンサーリンク