快気祝い お返し いつまで

お見舞いのお返し快気祝い、いつまでに返せばいいのか

スポンサーリンク

 

病気や怪我で長期入院をした時、仲のいい友達や、親戚の方々がお見舞いに来てくれると嬉しいし、有難い事ですね。
回復、退院した暁には、感謝の気持ちを込めて快気祝いを贈りたいものですが、いつまでに、またどのくらいのお返しすればよいのでしょうか。

 

快気祝いの時期の目安としては、「退院後、10日から1か月後」です。

 

入院中はもちろんですが、退院直後も、自宅での療養や、あるいは通院して様子を見たりしなければいけないと言う事は多いと思います。
快気祝いは、「元気になりました」という報告ですから、お返しとはいえ、体調が優れない内に、無理にする必要はありません。

 

あまり遅くてもいけませんが、「いつまでに」と、焦ってするものでもありませんので、体調と相談しながら贈るようにした方がよいです。
ですが、すっかり元気になっているのなら、いつまでと言わず、早めでも構いません。

 

軽い手術や怪我だった場合、退院後すぐに本人が動けるほど元気な状態であれば、いつまでと言わず、お返しの快気祝いの用意を待たずに、お見舞いに来てくれた方々に報告するのもよいと思います。

 

スポンサーリンク

 

さて、快気祝いの相場ですが、戴いたお見舞いの「2分の1から3分の1くらい」です。

 

お見舞いは、「病気・怪我の治療の役に立ててほしい」と言う気持ちが込められた贈り物です。
戴いた分の同額以上になるようなお返し、快気祝いを贈っては、お見舞いをくださった方の気持ちを無駄にすることになってしまいます。

 

ですので、快気祝いは一般的に、2分の1から3分の1の額でお返しすることが多いようです。

 

あとに残る物をお返しするのはマナー違反とされていますので、お返しが高額になってしまうようなら、お菓子やカタログギフトなどを組み合わせるなど、工夫してもよいと思います。

 

連名で戴いたお見舞いには、いつまでにと期限を気にすることなく、小分けにできるものがよいと思います。

 

一人一人に快気祝いを贈ろうとすると、一人あたりの予算が数百円に位になってしまったりする事は良くあります。
1個ずつに熨斗を掛けるのも大袈裟になってしまいますし、いつまでにと言う期限がなるべくない、小分けに出来るお菓子などで、まとめて用意するとよいと思います。

 

快気祝いは、自分の元気になった姿を見て頂く事が一番ですので、いつまでにと焦ることなく、体調を相談しながら、お返しをしてください。

 

スポンサーリンク