快気祝い 花 種類 おすすめ

快気祝いにおすすめの花の種類

スポンサーリンク

 

病気や怪我で入院していた人が完治したお祝いに渡すのが快気祝いです。
退院するだけではなく、病気や怪我が良くなったことをお知らせするために用意します。

 

お金などを送ることが一般的ですが、それだけでは寂しいという時には花を同時に贈ることがおすすめです。
花は人の心を和ませる効果があるため、万人受けする贈り物ともいえます。

 

ただし、贈る花の種類によって快気祝いではマナー違反となってしまう可能性もあるため、注意が必要です。
快気祝いでマナー違反となる種類としては、植物が土に根を下ろしている鉢植えタイプのものは避けるべきだとされています。

 

これは縁起が悪く病気などを長引かせることを暗示します。
花の色にも注意が必要です。

 

白、青、紫系の色はお葬式などに利用されることも多いため避けた方が無難となります。
匂いも強いと苦手な人もいるため、百合や水仙など香りの強い種類ものは控えます。

 

その他、シクラメンやアジサイ、菊などは名前から、死や苦しみを連想させるため避けることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

このようなマナーを踏まえての快気祝いに贈る、花の種類のおすすめとしては明るい色の切り花などがおすすめです。
ガーベラなら色合いも綺麗で快気祝いにふさわしい華やかな印象になります。

 

花言葉もピンク色なら高貴な美しさ、オレンジ色なら我慢強さ、黄色なら究極の美しさなどがあり、花自体にも希望などのポジティブな意味合いがあります。
おすすめの種類としては、他にも明るい色のひまわりなどもおすすめとなります。

 

種類は様々なものがありますが、色的には黄色やオレンジ色がおすすめで、このような明るいものはビタミンカラーと呼ばれており明るい気持ちになります。

 

また、胡蝶蘭は鉢植えに入っている蘭ですが、幸福が飛んでくるという意味があるため快気祝いにふさわしいといえます。
快気祝いの花の種類は様々なものがあり、どれを選んだらよいのかわからないということもあります。

 

そんな時には、予算を伝えてフラワーショップの人にお任せることがよいとされています。

 

スポンサーリンク