快気祝い お返し 現金 マナー

快気祝いのお返しをする時のマナーについて現金はよいか

スポンサーリンク

 

病気やケガをして入院をした時や会社を休んだ時など病気見舞いを頂く機会が多くあります。
入院や休養をした時に、病気見舞いは、お花や果物などの商品の他に現金で頂くことが多いです。

 

やはり相手の病状を考えると、品物をおくることに迷惑にならないかを考えると、現金でおくることが一番良い方法だと考えます。

 

現金で頂けば、もらった側が好きな品物を買うことができますし、入院や休養の時は、思っている以上に出費が重なるので現金の方が、使い道が選べるのでありがたいと考える人が多くいます。

 

お見舞いを頂いた方には、お返しをするのがマナーとして大切です。
基本的に快気祝いをする場合は、頂いた人が無事に回復した時にお返しをするのがマナーなので、万が一亡くなってしまった場合は、お返しをする必要はないのです。

 

とても不幸なことですが、快気祝いとは、元気になったことを知らせるためにもあるお返しの方法なので、亡くなってしまった場合は快気祝いはおこなわないのが正しいマナーです。

 

スポンサーリンク

 

快気祝いをする時のマナーとして、大切なことをいくつか取り上げます。
お返しをする時期ですが、頂いた人が病気やケガの状態が回復して一ヶ月以内の暦が良い日にすることがマナーとして正しいことです。

 

できれば、本人が相手の所へあいさつに行くことで、元気な姿を見せることにもなるので、本人が快気祝いの品物を持って行くことが望ましいです。

 

お見舞いは、現金で受け取ることが多いですが、お返しはどのようにするのがマナーとしてよいかわからない人もいると思います。
快気祝いをする時のマナーとして気をつけたいのが、現金でのお返しはお勧めできないです。

 

また、頂いた金額より多い金額や同じ金額をお返しするのも、マナーとしては失礼にあたります。
ですから、お見舞の金額より少ないか、半分ほどの品物を考えて贈ることが望ましいです。

 

いろいろな相手に返すことを考えると品物も悩んでしまうことが多いので、そんな時は、商品券を贈ることが望ましいです。
現金では失礼になりますが、商品券だったら快気祝いののし紙をつけてもらえば、頂いた人が自由に使えるので便利でお勧めです。

 

スポンサーリンク