快気祝い 渡す 時期 タイミング

快気祝いを渡す時期やタイミングを把握する

スポンサーリンク

 

病気や怪我をして入院している時に、お見舞いや励ましをいただいた場合には元気になったときに快気祝いを渡すようにしなければなりません。
渡すタイミングをしっかり把握しておくようにしましょう。

 

感謝の気持ちをこめて快気祝いを渡すことが大切になります。
快気祝いの渡す時期ですが、退院して10日から1ヶ月後が良いタイミングとされています。

 

入院中はもちろんですが、退院直後などは忙しいため良いタイミングではありません。
体調がしっかりと戻ってから渡すようにしましょう。

 

元気になったことを報告する意味もありますので、無理して急ぐ必要はありません。
しかし体調がしっかりと戻っているのに、あまりにも快気祝いの時期が遅れると、渡すタイミングがなくなってしまう可能性もあります。

 

自分の体調を相談しながら無理のないように準備するようにしましょう。
退院前後の落ち着かない時期を過ぎてからが良いとされています。
すぐに渡すことばかりにとらわれる必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

病気や怪我が比較的軽いもので、すっかり元気になっている場合などは快気祝いを渡す時期が早くても問題ありません。
早いタイミングで快気祝いをすることにより、心配をかけた方にも安心してもらうことができるでしょう。

 

快気祝いの相場はいただいた額の2分の1から3分の1にするようにしましょう。
いただいた分の同額以上になるようなことは、先様のお気持ちを無駄にしてしまうことになります。

 

お見舞いには病気や怪我の治療に役立ててほしいという気持ちがこめられています。
連名のお見舞いをいただいたときは小分けにできるものを選ぶと良いでしょう。

 

小分けにできるお菓子のようなものを時期をみて贈ると喜んでもらうことができるでしょう。
1個ずつに熨斗をかけると大げさなものになってしまうため、まとめて渡すようにすると良いでしょう。

 

食品や洗剤やタオルなどの消耗品が定番になっています。
病気や怪我が綺麗になくなったことから、後に残る記念品などは避けましょう。

 

快気祝いの時期やタイミングを知ることにより、余裕をもって用意することができます。
時期やタイミングが早すぎたり遅すぎたりしないように気をつけるようにすると良いでしょう。

 

スポンサーリンク