快気祝い のし袋 書き方

快気祝いののし袋の書き方もマナーを知る

スポンサーリンク

 

快気祝いを贈る前には、マナーをしっかり学んでおく必要があります。
病気や怪我でお世話になった方に、贈るときには心からお礼をしたいものです。

 

快気祝いのし袋の選び方や書き方ひとつでも気持ちが表れるものということを覚えておきましょう。
結び切りののし袋は、同じことを二度と繰り返さないという意味があるので良いものとされています。

 

お祝いののしにも種類があるためしっかり把握しておく必要があります。
一般的なお祝いののしには蝶結びの水引がついています。

 

ほどけやすく、何度でも結び直せることから何度あっても嬉しいお祝いに用いるようにしましょう。
新築祝いや合格祝いなどが適切とされています。

 

その一方で、病気などの回復を祝う快気祝いなどは、二度と繰り返さないためにも結び切りの水引がついたものを使用するようにしましょう。
のし袋の表書きには、快気祝いとし、下側には病気をした方お姓を書くようにします。
名まで入れることもあります。

 

スポンサーリンク

 

快気祝いののし袋の書き方をしっかり把握してマナーを守るようにしましょう。
病気が全快していない場合には、御見舞御礼や退院内祝としても良いでしょう。

 

まだ退院していないけれどもお礼をしたい場合や、自宅療養をまだ続けていくけれどもまずは退院したため報告したい場合などの書き方にふさわしいでしょう。

 

また治療を続けていたが、亡くなってしまった場合ののし袋の書き方は御見舞御礼として良いでしょう。
書き方を知らないことで、うまく気持ちを伝えることができない場合もあるので気をつけなければなりません。

 

店頭などでお祝いの熨斗をかけてくださいとお願いするだけでは、正しい快気祝いのマナーになっていない場合があります。
そのためどんなお祝いであるかを把握して使い分ける必要があります。

 

また回復の様子で、快気祝いののし袋の書き方を使い分けがあることも知っておくことが大切です。
全快祝いは快気祝いをほぼ同じで、すっかりよくなったときののし袋の書き方となります。

 

スポンサーリンク