快気祝いに商品券を贈る場合の金額の目安

快気祝いに商品券を贈る場合の金額の目安

スポンサーリンク

 

快気祝いには「病気を洗い流す」や「病気を残さない」という意味から石鹸や洗剤、食品類などを贈るのが一般的です。
しかし、近年では個人の好みが多様化していることから快気祝いに商品券を贈る人が増えています。

 

一般的に快気祝いの金額の目安はいただいた見舞金の3分の1から2分の1程度とされています。
そのため、見舞金を1万円いただいた場合は3千円から5千円程度を贈るのが目安となりますし、商品券を贈る場合は3千円から5千円相当の商品券を贈るのが一般的です。

 

しかし、見舞金の金額はその人の立場や自分の関係によって異なるので、上記の目安に従って快気祝いを贈ると人によって金額に差異が生じます。
そのため、見舞金をいただいた人数が多い場合は目安にとらわれず、一律同額相当の商品券を贈ってもかまいません。

 

ちなみに、上司から部下へ見舞金を贈る場合の目安は5千円から1万円程度、同僚に贈る場合の目安は3千円から5千円程度、親戚に贈る場合の目安は5千円から1万円程度とされています。

 

また、目上の人にお見舞いとして現金を贈るのは失礼とされていますが、近年ではそういった考えもゆるくなってきているので部下から上司に見舞金を贈るケースも増えており、その場合は3千円から1万円程度の金額を贈るのが目安です。

 

スポンサーリンク

 

近年では快気祝いに商品券を贈る人が増えていますが、目上の人に商品券などの金券を贈るのは失礼と考える人もいます。
また、欲しくないものを貰うよりは商品券を貰った方がよいという考えの人もいます。

 

そのため、相手の考えがわからない場合はカタログギフトを贈るというのも選択肢の一つになります。
カタログギフトにはいろいろな種類がありますが、快気祝いとして贈る場合は精肉や高級食材のカタログギフトが定番です。

 

なぜなら、快気祝いには食品類がよいとされていますし、精が出るものを食べれば病気によって落ちた体力を取り戻すことにつながるからです。

 

また、カタログギフトなら商品が届く日を指定することができるので、精肉のような傷みやすいものを贈っても相手が困りません。
快気祝いにカタログギフトを贈る場合も金額の目安はいただいた見舞金の3分の1から2分の1程度となります。

 

そのため、いただいた金額が多い場合はそれ相応の金額のカタログギフトを贈る必要がありますが、いただいた金額が少ないのに高額なカタログギフトを贈ると相手に余計な気を使わせてしまうことがあるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク