お見舞い マナー 仏滅 避ける

お見舞いのマナーで仏滅を避ける理由/六曜に気を気を付けよう

スポンサーリンク

 

大切な人のお見舞いに伺う場合にも、相手に失礼がないように気を付けなければなりません。

 

六曜の一つである仏滅を避けるというのも、基本的なマナーの一つです。
ほかにも気を付けるべき六曜があることも知っておきましょう。

 

 

【病院へお見舞いするときのマナー】

 

病院へのお見舞いをする時には、六曜に気を付けて仏滅を避けるのがマナーです。
大切な人を気遣う気持ちは、細やかな部分に配慮を行わなければなりません。

 

六曜を気にしないという場合でも、縁起が悪い仏滅を避けて、相手の負担を考慮して短時間で帰宅するのがマナーです。
あくまで相手は何らかの理由で入院しているでしょうから、顔を見せる程度で構いません。

 

 

【仏滅以外で避けるべき六曜】

 

お見舞いのマナーで仏滅は相手に失礼というのは知っている方も多いでしょうが、実は赤口も注意が必要です。
血や刃物に関する日という解釈が成されているのが赤口なので、仏滅と並んでお見舞いを避けるべきとされています。

 

特に外科的な手術を行っている人にとっては、血を彷彿とさせるイメージを持たせないようにしなければなりません。
災いに関する日だということを認識して、仏滅と同様にお見舞いを避けるように心がけましょう。

 

スポンサーリンク

 

【都合がつかない時のマナー】

 

どうしてもお見舞いの日取りについて、仏滅や赤口以外の日しか伺えないのであれば、それを踏まえて相手に来訪の伺いを立てましょう。
マナーを守って相手に失礼が及ばないように配慮することこそ、相手の回復を祈る意味でも重要です。

 

最近は簡単に患者と連絡が取れる手段が確保されているでしょうから、仏滅の概念や相手と自分の都合を鑑みて、失礼の無いようにお見舞いしましょう。

 

 

【まとめ】

 

お見舞いのマナーは六曜を気にすることで、相手に失礼の無い条件で伺うことができます。
ただし、どうしてもスケジュールの都合がつかないこともあるので、それを踏まえて来訪についてを伺い、顔を見せる程度の手短な感じに済ませるのが重要です。

 

スポンサーリンク