お見舞い お返し 社長 おすすめ

社長からお見舞いをもらった時のお返しでおすすめなもの

スポンサーリンク

 

仕事をしていると、社長からお見舞いをもらうことがあるかもしれません。
それは会社としては当たり前なのですが、お返しをどうすれば良いか迷うはず。
ここでは目上の人へ失礼にあたらないおすすめなものを紹介しましょう。

 

 

【社長へ商品券でのお返しはNG】

 

社長からお見舞いをいただいた時には、3分の1〜半額に相当するお返しをするのが一般的。
でも、商品券のような金額がはっきりとわかるようなもので対応するのはおすすめできません。
これは相手に失礼な行為に当たるので、別なもので対応するようにしましょう。

 

 

金額で返すというのも失礼ですし、お金でお見舞いをしているものへ、お金に相当するもので返してしまうというのは、相手の好意を無にしているのと同じです。
こうした対応をしないように気を付けましょう。

 

 

【福利厚生ならお返しはナシ】

 

社長名義でお見舞いが届いたとしても、実は福利厚生からのものであれば、特別なにもしないというのがおすすめです。
ただし、職場に何らかの報告を兼ねて考えるのであれば、みんなで食べられるようなものを選択するのがおすすめです。

 

 

入院をするということは休みを調整してもらうなど、社長以外の人に大きな迷惑をかけていることがほとんどです。
その人たちにも自分の経過を報告するため、お見舞いのお返しをささやかながら行うことは、これからの良好な関係を保つためにおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

【社長へのお返しでおすすめなアイテム】

 

目上の人に対して、お見舞いのお返しを考えるのであれば、カタログギフトのように、相手に選んでもらえるものを送るというのも一つの方法です。
どんなものが必要なのかがわからないのに、相手にお返しをするのは危険です。

 

 

それよりは、無難なものを自分でセレクトできるものがあれば、相手の気持ちに寄り添った対応に繋がるでしょう。

 

 

【まとめ】

 

社長からお見舞いをもらった時には、失礼にならないお返しを考えましょう。
現金で換算できるようなものを用いるのはおすすめできません。
相手に選択権を与えるのであれば、カタログギフトは失敗しないチョイスになるでしょう。

 

スポンサーリンク