お見舞い 金額 偶数 奇数

お見舞いの金額で偶数・奇数は考慮しなくて良い

スポンサーリンク

 

結婚のお祝いでは、偶数・奇数に気を遣って渡すというのはスタンダードな認識です。
でも、入院のお見舞いに包む金額は、こうしたこだわりは必要ありません。
偶数・奇数よりも縁起の悪い金額にしないことが重要です。

 

 

【結婚祝いのような偶数・奇数は気遣い不要】

 

結婚祝いの金額を考える時には、偶数・奇数に気を遣わなければなりません。
ところが、お見舞いの金額としてお金を入れる時には、そのような気遣いは必要ありません。
しいて考えるのであれば、相手にとって不吉な数字の金額を入れないようにするのが良いでしょう。

 

 

あまり枚数を重ねるのはマナー違反という認識を持っている人もいるのですが、5千円や1万円といった金額が相場です。
結婚祝いほど気を遣わなくて良いという認識で構いません。

 

 

【お見舞いのタイミングこそ重要】

 

お見舞いは偶数・奇数といった金額が問題なのではなく、どのタイミングで伺うかが重要です。
相手にとって負担のかからない時にサッと行くのがマナーです。

 

 

体調が悪くて入院しているのですから、そこに配慮をしなければ相手に迷惑をかけるだけです。
ただでさえ回復に向けて努力しているのですから、それを妨げるようなことはしないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

 

【金額よりも気持ちが大事】

 

入院のお見舞いは偶数・奇数といった金額で悩むのではなく、相手を心配する気持ちが大切です。
困った時の足しにしてもらいたいという気持ちが働くだけでも、相手にとってはありがたいことなのです。

 

 

医療費がかさむ時期ですから、相手に過度な気を遣わせないようにするだけでも、元気になった時に顔を合わせ、当時のことを振り返る余裕が生まれるでしょう。

 

【まとめ】

お見舞いは偶数・奇数といった条件で悩むのではなく、いかに相手に負担をかけないお見舞いで済ませるかに注意を払いましょう。
その心遣いがあれば、入院・手術を経験した相手も健やかな状況を手に入れて、快気したことを報告してくれるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク