お見舞い 服装 ジーンズ

お見舞いの服装でジーンズはNG/何を着ていけば良いの?

スポンサーリンク

 

お見舞いの服装は相手に失礼とならない配慮が必要です。
せっかく気遣って訪問するので、ジーンズで伺うのはやめましょう。
あまりカジュアルにならず、かといって葬式を連想させるようなものに身を包んで訪れるのもマナー違反です。

 

 

【ジーンズのカジュアルさは厳禁】

 

入院のお見舞いに行くときには、相手に失礼とならない服装を考えるはず。
ジーンズはカジュアルすぎますし、露出の高い服装で伺うのもマナー違反です。
あくまで相手の体調を鑑みて訪問するのですから、その辺の配慮は忘れないようにしましょう。

 

 

着こなしを考える必要はありませんが、その場に応じた服装で臨むのがベスト。
ジーンズよりも着まわししやすいパンツを選択するなど、お見舞いに相応しい格好を心がけましょう。

 

 

【ジーンズに変わるファッション】

 

毎日の生活にも使い勝手が良く、お見舞いの服装にも最適なパンツを一枚持っているだけでも、有事の際の対応がスムーズになります。
TPO(時と場合)に合わせたスタイルを考えるのが面倒という方にとっては、着まわしを意識した一枚を選ぶべき。

 

 

ジーンズは楽で着やすいというイメージがあるのでしょうが、お見舞いには相応しくない服装に思われがち。
家族のお見舞いであれば良いのでしょうが、他人の入院しているところに伺うのであれば、それなりの着こなしが重要です。

 

スポンサーリンク

 

【葬式をイメージさせることもNG】

 

スーツはジーンズよりもしっかりしている印象を与えますが、それが完ぺきとは限らないのです。
黒や紺といった暗い色調の服装は、お見舞いではなく葬式をイメージさせてしまいます。

 

 

相手にマイナスのイメージを植え付けないためにも、色遣いは慎重に考えなければなりません。
こうした細やかさを持つだけでも、お見舞いで失敗することは無くなります。

 

 

【まとめ】

 

お見舞いで服装に気を付けることとしては、ジーンズなどのカジュアルにとらえられるものを排除して、相手に好印象を与えるような着こなしをするべきです。
葬式をイメージさせるような暗い色調の服装にも気を配りましょう。

 

スポンサーリンク