友達 入院 お見舞い金 相場

友達の入院にお見舞い金を渡す場合の相場

スポンサーリンク

 

友達が入院した時にも、お見舞い金を渡すという習慣が日本には存在します。
しかし、どれくらいの相場なのかを把握していなければ、せっかくの気持ちが相手を困らせてしまうかもしれません。
差支えが無いくらいの金額設定が、配慮としては必要です。

 

 

【友達に渡すお見舞い金の相場】

 

友達が入院した時にお見舞い金を渡すのであれば、相場の金額を把握しておきましょう。
一般的には5千円が相場ですが、関係性によっては金額を上乗せしたり、何人かで負担をするということも少なくありません。

 

 

あくまで相手の体調を気遣っての行動なので、入院を予見していたかのような行動は慎みましょう。
お見舞い金一つでも、相手に失礼な感情を抱かせる原因を作っているかもしれません。
まずは正しい方法で渡す術を学ぶべきです。

 

 

【相場以上に大事なお見舞い金の渡し方】

 

友達に渡すお見舞い金の相場は気になるでしょうが、それよりもお金の渡し方も同じくらい大切です。
新札を入れないということも、細かいことですが重要です。
あたかも入院するのがわかっていたかのように思わせることは、友達には失礼です。

 

 

新札を使用するのではなく、少し折り目を付けるなどの配慮を行うことで、お見舞い金を渡しても失礼な環境を防ぎます。
相場と同じように配慮ができると、相手に失礼のないような立ち振る舞いができるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【入院お見舞いのマナー】

 

友達の入院先に伺うのであれば、病院やほかの患者さんに迷惑がかからないようにするべきです。
いくら近しい友達が多くても、一度の面会は大勢でいかないという縛りを作っていることも大切です。
誰かが代表で伺うということでも構いません。

 

 

滞在時間も短くするのがマナーです。
1回あたりの来訪で、1時間も病室でいるのは相手にとってもマイナスです。
シンプルに相場に即したお見舞い金を発生させて、それを友達に渡すくらいのライトな状況を演出しましょう。

 

 

【まとめ】

 

友達が入院してしまったのであれば、お見舞い金を持って行く検討を行うべきです。
相場は5千円くらいなので、何人かで持ち寄って合同で対応することも少なくありません。
でも、入院してからの生活を考えると余計な気遣いをさせないようにすることこそ重要です。

 

スポンサーリンク